敬語の正しい使い方と変換


敬語の使い方で謙譲語が混じってるケース

敬語の使い方は難しいです。

 

自分で正しい敬語を使っていると思っていても二重敬語や尊敬語と謙譲語の間違いなど、多くの方が間違った使い方をしています。

 

例えば、
「社長が申されました意見に賛成です」
「お客さまが参られました」
等の言葉もよく使われています。

 

しかし、これらの言葉も、明らかに変ですよね。
どこが変かというと、謙譲語と尊敬語が混在している点です。

 

まず
「社長が申されました意見に賛成です」
という言葉から考えてみましょう。

 

本来、敬意を表すべき相手に対して謙譲語の「申す」を用いることが間違いです。
謙譲語「申す」には、尊敬語の「される」がつけられており、なんとなく敬語として成立しているかのような響きになっていますが、間違いは間違いです。

 

「社長がおっしゃった意見に賛成です」となるのが正解です。

 

意見をいったのは社長であり、話し手はその意見に賛成する旨を伝えることが目的です。
ですから、「言う」という行為をした社長を主体に考えて、尊敬語の「おっしゃった」にするのが正しいのです。

 

 

次に「お客さまが参られました」という言葉ですが、先ほど解説した言葉同様、敬意を表すべき相手に対して「参る」という謙譲語が使われていますね。

 

まずそこが間違いです。

 

そして、尊敬語の「られる」も合わせて使われています。
もちろんこれも間違いです。

 

「会社にやってきた」のはお客さまで、話し手の役目はそれを伝えることです。

 

ですから、お客さまを主体に考えて、尊敬語の「いらっしゃる」のみを用いて表現するのが正解です。

 

「お客様がいらっしゃいました」といえば問題ありません。

 

少々難しく感じるかも知れませんが、迷ったら「その行為の主体は誰なのか」を考えましょう。

 

敬意を表す相手であれば尊敬語、自分であれば謙譲語を使って表現すればいいのです。

 

Sponsored Link