敬語の正しい使い方と変換


敬語の指針

敬語の指針についてお話します。

 

敬語は3種類から5種類へ。

 

実は、文化審議会の国語分科会は、2007年2月2日に「敬語の指針」の答申を提出しました。

 

それまで、敬語は、「尊敬語・謙譲語・丁寧語」の3つに分ける考え方が一般的でしたが、今回の指針では、謙譲語と丁寧語がそれぞれ細かく分けられ、5種類となっているのが大きな特徴です。

 

具体的に見て見ましょう。

 

○敬語の5分類

 

尊敬語・・・・相手または第三者を立てて述べる。
いらっしゃる、なさる…など。

 

謙譲語1・・・自分から相手の行為について相手を立てて述べる。
差し上げる、申し上げる…など。

 

謙譲語2・・・自分側の行為を相手に丁寧に述べる。(丁重語)

 

丁寧語・・・・相手に対して丁寧に述べる。
です、ます、ございます…など。

 

美化語・・・・物事を美化して述べる。
お花、お茶、お料理…など。

 

 

○文化審議会
文化庁に設置されています。

 

文化庁は、文部科学省の外局で、文化や芸術などに関する行政事務を行う機関です。

 

指針とはガイドライン的なもので、法律ではなく、強制力はありません。

 

このように敬語も変化してきているようです。

 

Sponsored Link